2018年07月09日

実山椒(柳田)

京都の丹波地方に住んでいる、知り合いの作家さんから、山椒の実をいただきました。裏山に実りましたと、一握りですが、と言って送って下さったのは結構な量の生の実山椒でした。
とても良い香りがするのですが、さてどうやって食せばよいものか。とりあえず下茹でして保存し、ポピュラーにちりめん山椒を作ってみました。普段滅多と調理をしない人間が、慣れないことをして大丈夫か?と不安でしたが、素材の良さでしょうか、美味しくいただきました。
山椒の爽やかな香りと辛さが、暑さで死滅寸前の食欲を刺激してくれます。いわしなどの魚と煮ても合いそうだなぁなど、料理をしない人間の創造力も刺激してくれます。お酒のつまみにもぴったりです。
暑くなる少し前の初夏に、こんな素材が収穫される。自然とは上手く出来たものだなぁと、しみじみ感じ入り、蛍が乱舞するという初夏の丹波の地に想いを馳せました。


柳田


posted by 神田絵画教室 at 19:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。