2018年03月15日

珈琲ウォッカ(柳田)

速いもので、個展から一ヶ月たってしまいました。ちょっと分かりづらい場所にあるギャラリーでしたが、足をお運び下さった方々、誠にありがとうございました。

さて、お酒には弱いのです。あまり沢山は飲めないし、すぐに酔うのです。
先月、個展をさせていただいたZaroffというお店。2階がギャラリーで1階が喫茶です。
1階の喫茶では珈琲やココアが美味しいのですが、お酒もいただけます。お酒に詳しくもないので知らないものが多く、オーナーや一緒にいたお客さんにお勧めをきいて、日替りで違うものに挑戦してみました。アルコール度の強いものも多いので、舐めるようにちびちび飲みながらまったりするのも一興でした。
その中で気に入ったというか、面白いと思ったのが、珈琲ウォッカという代物。珈琲豆にウォッカを漬けたものだそうです。珈琲豆の種類別に漬けて在って、少しづつ風味が違うようでした。美味しかったです。

先日、とある酒屋さんに「ラベルと値段で酒を飲むのではない、自分の舌と肝臓で飲むのだ」といったような標語が貼ってありました。作品を味わってほしいと思うのは、酒作りも絵画も一緒だなぁ、としみじみ感動しました。
すごく酒飲みのような内容になってしまいましたが、強くはありません。お酒は適量を楽しく美味しく飲みたいものです。

柳田
posted by 神田絵画教室 at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする