2019年06月03日

ペテルギウス(佐藤)

突然なのでしょうか?偶然なのでしょうか?わたくしの「出会いや巡り」は、自分の中で適当に収めきれないで、繰り返し現れ出ることがあります。

日常にあるささいな事でもありふれたものでも、満たし感じるものには、ある意味で心を寄せたいと思っています。これからも、こんな事でいいので過ごしていきたいと思うのですが。胸がいっぱいになるのは本当のことです。

東北大震災のあった翌年でしょうか?2012年。オリオン座の三つ星の左上のペテルギウスが99%寿命尽き終えている事が発表されて話題になりました。超新星爆発の時間差経過を地球からどのように見えるのか?その説明には詩を読んでいる感じさえしました。

嗚呼ペテルギウス
・爆発から1時間後・・・ペテルギウスどの星より輝き赤から青に変わります。
・爆発から3時間後・・・満月の100倍の明るさで輝きます。
・この明るさは3ヶ月間続きます。
たとえ昼間でも3ヶ月間輝きます。
・4ヶ月経つと青からオレンジ色に変わります。温度が下がりました。
・幾重にも取り巻く赤いガスは、まるで、花びらのごとく大輪の花のようです。
・4年後、肉眼では見えなくなります。
・数百年後、オリオン座はペテルギウス、散りじりのガスの星雲を目にするでしょう。

ふだんは月ばかりでノボセきっているわたしです。今年2019年の冬は何故かペテルギウスの輝きが思われました。・・・640光年という地球に届く輝きを前にして、あらためて有り難いと思われました。本当の事です。


佐藤
posted by 神田絵画教室 at 18:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする