2019年03月18日

昭和会展(蔵野)

190315_02.jpg

「第54回昭和会展」という公募展に応募し、入選しました。

昭和会展には、2012年〜2014年の間、3回応募したことがあり、1回だけ入選したことがありました。
今回は4度目のチャレンジになります。

しばらく昭和会賞には出品していませんでしたが、昭和会展は応募できる年齢制限が40歳とういうこともあり、出品資格があるうちにチャレンジしたいと思い立ち、今回出品することになりました。

なかなか絵がスムーズに進まず、結局締め切りの当日まで描き、どうにか出展することが出来ました。

油絵を2点出品致します。
お近くにお立ち寄りの際は、お越しいただければ幸いです。

「第54回昭和会展」
期間:3月22日(金)〜4月2日(火) 日曜日休廊
営業時間:平日10時〜19時、土曜日11時〜18時
会場:日動画廊本店
東京都中央区銀座5-3-16

詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.nichido-garo.co.jp/exhibition/2019/03/54-2.html
posted by 神田絵画教室 at 01:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

なんとなく鉛筆(柳田)

グループ展が終わり、少したちました。お忙しい中「2月の庭」にお越し下さった方々、誠にありがとうございました。
年齢、画風のそれぞれ異なる作家5人による展示は、静かながらも、刺激のあるものでした。様々な場にあれることが、有難いことです。

展示の後、少しいつもの制作から離れ、鉛筆での作業が続きました。改めて自分の筆箱を覗くと、まあ6Hから8Hの多いこと。筆箱には何本あるのかわからない量の鉛筆が有りますが、これらの大半はもう遠い記憶の美大受験時代の名残です。
普段、教室では、鉛筆の濃さは幅広く使ってみて下さい、と生徒さん達には伝えています。が、この己の鉛筆の偏り。6Hより固い鉛筆なんていつ使うんだよ、と思いつつ、作業を進めていると、いつの間にかB系の濃さはあまり使わず、トーンを作り上げる上で、H系の鉛筆をやたらと使っているのでした。
鉛筆を重ねて作る微妙な色幅において、どうやら自分は淡い色を少しづつ乗せるのが好きなようです。


柳田
posted by 神田絵画教室 at 23:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

美術の窓2月号(蔵野)

IMG_20190120_152144.jpgIMG_20190120_152221.jpg
本日発売された美術誌「美術の窓 2月号」に、「わたしのデッサン」特集で、6ページほどデッサンの紹介をしていただきました。

他の方のデッサンも面白いです。
書店にお越しの際は、ご覧いただければ幸いです。(教室にも置いてあります)


蔵野
posted by 神田絵画教室 at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする