2017年07月27日

夏休み(孫崎)

7月も終わり。
絵画教室に通う小学生たちは、先週から夏休みに入り
1ヶ月という長い長い休暇期間を
これから存分に楽しむのだろうなと
少しずつコントラストがはっきりしてくる
日焼けの跡を眺めながら想像する。

自分が小学生の頃はどうだったろう?
田舎に帰ったり、旅行に出かけたり、イベント盛沢山。
9月の新学期なんて、遠い遠い先のことのように
感じていたような気がする。

大人になった今はと言えば…
1ヶ月なんてあっという間。
秋の展示に向けて〆切が迫ってくる夏は
むしろ恐怖でしかない。

同じ1ヶ月という期間のはずなのに、
どうしてこうも時間の流れ方が違うのか。
一説によれば、その人が生きてきた年月に対して
時間の感じ方はこんな風に変わってくるのだという。

子供は生まれてからの時間がまだ少ない。
現在までの人生の時間を分母に、
1ヶ月を分子にしてみると
分母に対する分子の割合はそこそこ大きい。

一方で大人は、人生の時間が子供よりずっと長い。
分母は大きくなるが、分子となる1ヶ月は変わらないので
その結果、分母に対する分子の割合は
子どもに比べてぐんと小さくなる。

これが大人になるにつれ(年を取るにつれ?)
年月が早く感じる仕組みなんだとか。

そう言えば、パリにいた3年間。
もちろん絵も描いたけれど、
美術館を巡り、国を巡り、人と出会い、交流し
その3年という期間がとても長く感じて
当時は「人生の夏休みだ!」なんて言っていた。

けれども今は、3年後なんてすぐ目の前にあることのように
計画を立て、予定を考えて仕事をする。
過ぎ去った3年間なんて言わずもがな。
着実に年を重ねているという現実が
図らずも突き付けられたのである…。

先の分母と分子の理論からすれば、
人生の夏休みだなんて、
もうこれから来ることはないのかも知れないなぁ。
なんだか郷愁にも似た懐かしみを思い出しつつ、
つらつらと考えていたら、
またあっという間に時間が過ぎていくのである。

孫崎
posted by 神田絵画教室 at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

好きな小説(蔵野)

ここ1年で3回も入院を繰り返してしまった。
その前は、一度も入院をしたことがなく、大きな病気とは無縁だった。

入院中は時間が山ほどあり、小説や映画を観たり、ぼんやりとした時間を過ごしていた。

そんな時、久しぶりに太宰治の「人間失格」を読んだ。

有名な小説なので、読んだことがある人は多いと思う。
一般的には陰気なイメージがある小説だけれど、読み終わると、不思議と暗い気持ちにはならない。
きっと、自分は「人間失格」の主人公ほど、窮地に立っていないからだろう。

今回の病気で、友人や生徒さんに、ずいぶん心配をかけてしまい、また、たくさん励ましの言葉をいただきました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

手術も無事に終わり、退院して、おかげさまで元気にしております。


蔵野
posted by 神田絵画教室 at 17:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

展示作業(柳田)

4月に荻窪のギャラリーにて開催した6人の作家によるグループ展。また5月に東京都美術館にて開催された東京自由美術展にお越し下さった方々、誠にありがとうございました。
あまりお知らせもしなかったにも関わらず、足をお運び頂いき、本当に有り難いです。遅くなりましたが、この場を借りて御礼申し上げます。

さて、グループ展や団体展に参加し、その展示作業を経験することが少しずつ増えてきた。
どんなグループのどんな展示でも、展示作業の難しさを実感している。
どの作品とどの作品を並べたら作品が観えるか。並びによってその壁が全然違って観え、やり方を間違えると個々の作品が観えなくなってしまうこともある。並びによって作品の観え方がここまで違うのか、といくつかの展示作業で目の当たりにした。良い展示会場をつくるのは本当に難しい。

尊敬する先輩作家さんが、「展示会場の壁をつくることは、作品を制作することと同一だ。」と言っておられた。衝撃だった。その作家さんはとてつもない集中力と鋭い感覚でもって作品の並びを見抜いていった。
もちろん今までの個展でも作品の並べ方には気を配ってきたが、振り返って果たして過去の自分の個展でも、それが出来ていたのかと考えると、自信は無い。
上手く言葉に出来ないが、鋭い感覚が必要だと、近頃痛感した次第である。

柳田
posted by 神田絵画教室 at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする